閑散期対策コンサルティング

閑散期。レストラン事業者をはじめあらゆるホスピタリティ産業は閑散期戦略をどう考えていくか、は避けて通れない永遠のテーマと言えるでしょう。
繁忙期のことに注力をしすぎてしまい、閑散期の戦略が疎かになっている施設も少なくはないのではないでしょうか。

もちろん、経営戦略のひとつには、繁忙期の売上利益をさらに高めるための取り組みをすることも重要だと思います。
ただし、閑散期は業務改革のチャレンジができるだけではなく、新規ビジネス収入の道筋を考えるチャンスが潜んでいます。
ここで、いくつかの成功事例のお話をさせていただきます。

「事例1:閑散期が1番の繁忙期にするための商品作り」
どの飲食店も諦めがちな閑散期をこちらの当主は逆手にとり、閑散期こそお客様が訪問したいと思う仕組み(商品)作りに成功。
地域の資源に目を向け、そこでしか食べることのできない料理を作り出すことで現在では、閑散期こそが繁忙期になるお店を創り上げました。弱みだった部分を強みに帰る視点をもつことも大切なのではないでしょうか。

「事例2:インバウンドマーケットに目を向け、新規顧客開拓に成功」
某都内の飲食店では、閑散期にインバウンドマーケットに目を向けた販売戦略を取り、新規顧客の開拓に成功しました。
もちろん、言葉の壁などさまざまな問題は懸念されますが、近年では、翻訳機などの技術も進化してきているので、新しいビジネスへの視点として検討することもお勧めしております。

ルート・アンド・パートナーズは10年以上富裕層ビジネスを多角的に展開し、法人、個人、インバウンドなどありとあらゆる富裕層ビジネスの依頼から相応のネットワークを築いてきました。それらのネットワークを活かす形で、当社の知見も十分に活かしながら、閑散期を通常期に変革する閑散期対策コンサルティングメニューをご提供させていただくことになりました。

閑散期対策のコンサルティングをご希望のレストラン事業者を中心とした皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
●問合せ:富裕層閑散期戦略総合研究所
富裕層閑散期戦略総合研究所はこちら

Translate »