ワインというとボトルになったものが一般的で、自宅のワインセラーにたくさんのワインが保管されている方もいると思います。
ワインを所有するという意味では、ある意味ワインオーナーと言えるかもしれませんが、不動産のオーナーなどと比べると、少し違う印象があります。

かといって、ワイナリーを所有するというのはなかなか簡単にはできません。

そこでオススメなのが、バルク(樽)オーナーやワインの樹のオーナーなどになる方法です。
ワイナリーの中には、これらのオーナーを募集しているところがあり、気軽にワインオーナーになることができます。
たとえばバルクオーナーになると、その名の通りワイン樽を丸ごとひとつ所有することになります。
もちろん完成したワインはワインセラーが適切に管理され、必要に応じて出荷もしてくれます。
いわば小さなワイナリーのオーナーだとも言えます。

 

ワインオーナーに関する詳細は、下記ウェブサイトもご覧ください。

「ビジネスオーナー総合研究所」ウェブサイトはこちら
Translate »