世界一高級なワイン

ワインには、安価なワインから希少価値が高い高額なヴィンテージワインまで様々なものがあります。では、世界一高級なワインは何なのでしょうか。それは1945年物のロマネ・コンティ3リットルボトルだと言われています。ロマネ・コンティという名前は、ワイン好きでなくとも一度は耳したことがあるのではないでしょうか。

ロマネ・コンティとは、もともとドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社が単独で所有している、フランスのブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村にあるわずか約1,8ヘクタールのグラン・クリュという特級格付けのピノ・ノワール種のブドウ畑のことです。その畑で生産されたブドウを使って作られたワインにも、同じ名前が付けられました。

生産量は1年でたった約6,000本。これだけでも希少ですが、中でも1945年物のロマネ・コンティ3リットルボトルは、世界一高級なもので1億2,000万円という値段がついています。この年のロマネ・コンティが最良と言われる環境で作られたこと、生産本数がとても少ないこと、特に3リットルボトルは2本しか作られなかったことがその理由です。

関連記事

  1. ワイン文化を支える富裕層とオークション

  2. 本場フランスのワイン生産者からも高い評価を得た「鳥居平」

  3. 富裕層に人気のワイン投資

  4. ワイン保険に続いてウィスキー保険大流行の兆し。切っても切れない富裕層と保険の関係とは

  5. 2017年高額ワイントップ10

  6. クリュッグの経営立て直し策から考える富裕層向け商品・ブランドのブランディングのキーポイント

Translate »