ワイン文化を支える富裕層とオークション

ワイン好きの富裕層は多く、特に希少なワインを手に入れる手段のひとつとして、オークションがよく利用されます。

ご存知の通り、オークションでは欲しい人が多いほど落札家格が高騰する傾向にあります。
2011年にスイスで行われたオークションでは1945年のロマネ・コンティがおよそ1,030万円、2014年の香港ではロマネ・コンティの114本セットが1億8,400万円という史上最高額で落札された例もあります。

一方で、ワイン好きと言っても人によって好みやこだわりが違うため、必ずしも高額で落札することになるわけではありません。
例えば、ボルドーワインが好きな方であれば、いくら希少価値が高くてもブルゴーニュワインを落札しようとは思わない方もいます。
ただし、欧米ではワインを投資目的で購入することが一般的であり、好みとは関係なく落札する方もいます。

いずれにせよ、オークションがワイン好きの富裕層にとって重要な場所のひとつであることは間違いないでしょう。

関連記事

  1. 2017年高額ワイントップ10

  2. 世界初! ワインを10日間デキャンタージュできる『神楽ディスペンサー』を12月14日より発売

  3. 本場フランスのワイン生産者からも高い評価を得た「鳥居平」

  4. 日本のワインオークションブランディング ~アッカー・メラル ファインワインオークション~

  5. ワイン保険に続いてウィスキー保険大流行の兆し。切っても切れない富裕層と保険の関係とは

  6. クリュッグの経営立て直し策から考える富裕層向け商品・ブランドのブランディングのキーポイント

Translate »