2017年高額ワイントップ10

世界最大級のワイン検索サイト「wine-searcher」が、2017年の高額ワインのランキングを発表しました(本記事では2017年6月時点のデータを基にしています)。

ランキングは、2017年6月1日に集計されたもので、標準ボトルの平均価格を基に順位付けされています(オークションなどの価格は適用外)。また、3つ以下しかヴィンテージワインが流通していないもの、取り扱い店舗が4店舗以下のものは対象外とされています。

日本円に換算すると、10位の「ラ・ターシュ」でも30万円以上、1位の「ロマネ・コンティ」に至っては150万円以上の高値がついています(1ドル110円で計算)。

ランキングを見ると、比較的フランス・ブルゴーニュ産の赤ワインが高値になりやすいようです。富裕層のワイン愛好家の中でもフランス・ブルゴーニュ産の赤ワインが好きな方は多く、人気があることも高値で取り引きされる要因のひとつになっているようです。

1. ロマネ・コンティ(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
2. シャルツホーフベルガー・リースリング・トロッケンベーレンアウスレーゼ(エゴンミュラー)
3. ミュジニー(ドメーヌ・ルロワ)
4. モンラッシェ(ドメーヌ・ルフレーヴ)
5. ミュジニー(ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ)
6. モンラッシェ(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
7. ヴェーレナー・ゾンネンウーア・リースリング・トロッケンベーレンアウスレーゼ(ヨハン・ヨゼフ・プリュム)
8. シャンベルタン(ドメーヌ・ルロワ)
9. リシュブール(ドメーヌ・ルロワ)
10. ラ・ターシュ(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

参考:The World’s Top 50 Most Expensive Wines

関連記事

  1. クリュッグの経営立て直し策から考える富裕層向け商品・ブランドのブランディングのキーポイント

  2. 世界一高級なワイン

  3. ワイン文化を支える富裕層とオークション

  4. ワイン保険に続いてウィスキー保険大流行の兆し。切っても切れない富裕層と保険の関係とは

  5. 世界初! ワインを10日間デキャンタージュできる『神楽ディスペンサー』を12月14日より発売

  6. 本場フランスのワイン生産者からも高い評価を得た「鳥居平」

Translate »